電子タバコとは?そのメリットとデメリット


そもそも電子タバコとは?

「電子タバコ」と「加熱式タバコ」は、どう違うのでしょうか。まず「加熱式タバコ」というのは、タバコの葉を使用しますが、それを燃焼させるのではなく、加熱して発生した気体を吸うものです。燃焼させないため煙は少なく、タールも大幅に低減しています。ただし、タバコの葉を使っているので、ニコチンをはじめタバコの葉の成分は吸い込んでいることになります。

これに対し、「電子タバコ」はタバコの葉を使いません。代わりに「リキッド」と呼ばれる液体を加熱し、その水蒸気を吸うものです。そして日本ではニコチンの入ったリキッドの販売は法律で禁止されており、日本で販売されているリキッドにはニコチンは入っていません。ただし、これは「販売が禁止されている」というだけで、個人が海外から持ち込んだり個人輸入したりすることは禁止されていません。ですから、周りの人が電子タバコを吸っていた場合、ニコチン入りの可能性もあるため、注意が必要です。

電子タバコのメリットとデメリット

電子タバコのメリットとして、まず健康への影響が大幅に少ないことがあります。日本で販売されているリキッドは、ニコチンの心配もありません。周囲に煙やタバコ臭をまき散らさないのも、大きな特徴です。灰皿も不要で、火災の危険もありません。そしてリキッドは非常に多くの種類があり、気分によってフレーバーを変えることもできます。またリキッドは紙巻きタバコよりずっと安く、長期的には節約になります。

電子タバコのデメリットとしては、最初は本体やメンテナンス道具を購入する必要があり、初期費用がかかることが挙げられます。また、充電やメンテナンスといった手間もかかるというのも、デメリットの一つと言えます。

vapeのおすすめといわれるわけはデザインが多彩だからです。カラーや形が様々でファッション性に富んでいます。