内祝いとはそもそも何?選び方と渡す際の作法


内祝いはお祝いのお返しではない

内祝いは「お祝いのお返し」と捉えている人もいますが、実際にはお返しではありません。内祝とは本来、家庭内で喜ばしいことがあったときに「幸せのお裾分け」という意味合いで近しい人に配る品のことです。家の新築や出産、お店の開店などおめでたいことがあった際に、近所の人や友人といった日頃お世話になっている人に感謝の気持ちや報告を兼ねて渡します。お祝いをいただいた相手に渡す場合も「内祝い」として渡しますが、お返しではなくお礼と考えた方がいいでしょう。

失敗しにくい内祝いの選び方とは?

本来の意味で内祝いを配るときは、お赤飯や和菓子などを選ぶのが一般的です。あまり高価なものではなく、数人で食べられるような物が好ましいでしょう。お祝いをいただいた相手に渡すなら、費用はいただいた金額の3分の1から半額程度が目安です。お礼として渡す品は、できるだけ相手が喜ぶような物を選ぶようにしましょう。使ってもらう物ならタオルなどが無難で喜ばれます。商品券を選ぶときは500~1000円程度のお菓子などを添えると見栄えが良くなります。

内祝いを渡す際のマナーとは?

内祝いはできるだけ直接渡すのがマナーといわれています。しかし、遠方に住む相手や仕事などさまざまな事情でなかなか会えないこともあります。そのようなときは郵送や宅配でも失礼にはなりません。ただし、発送するときでものし紙はきちんと添えましょう。包装紙の内側にして「内のし」にすれば、輸送中にのし紙が剥がれることを避けられます。直接渡せないときは手紙か簡単なメッセージカードを添えると丁寧です。

内祝いは元来「うれしい気持ちをお裾分けする」贈り物を表す言葉でした。しかし現代ではほとんどが「いただいたお祝いに対するお返し」という意味あいで使われています。