記念に残しやすい思いのこもった写真の残し方はこれ!


自由自在にデザインできるフォトブック

フォトブックの作成方法はおおきく2通りあります。一つ目は、店舗に赴いて専用のパソコンを利用する方法です。不明な点は店員によるサポートを受けることができることがメリットです。たいていの媒体に対応していますのでデータを持ち込むだけでいいですよ。二つ目は、自宅のパソコンで作成する方法です。ホームページから直接作成する方法と無料ソフトをダウンロードするパターンがあります。分かりやすいヘルプ機能がついていますので安心です。動画タイプの説明書の場合もありますよ。いずれの方法も、写真を配置して文字やイラストを付け加えるだけのシンプルな操作です。写真の簡単な画像修正もできますので見栄えをよくすることが可能です。

細かいサービスが受けられる。

フォトブックはいろいろな仕様がありますよね。ページ数や大きさはもちろん紙質など細かいスペックを選択することができますよ。例えば、ハードカバーであったり、光沢紙で厚手の紙を使ったり、キーホルダーサイズのミニチュア仕様であったりと様々です。もちろん値段も異なります。業者によって対応可能な仕様が異なりますので比較検討をすることが重要です。口コミサイトを利用することで評判を見ることができますので参考になりますよ。価格のサービスとしてまとめて製作することで割引が受けられたり、写真を現像することで割引券が発行されたり、キャンペーンを実施していたりしますので見積もりの比較もポイントです。フォトブックが完成してからイラストを描いたり、マスキングテープを使ったりしてさらにオリジナル感を増すこともできますよ。

フォトブックは自分でも撮影した写真を写真集にしてもらうことができるほか、何冊も同じものを作ってもらえるためプレゼントにも最適です。