地球に優しい!お財布にも優しい!メリットいっぱいの屋上緑化!


屋上緑化とは何だろう?

屋上緑化とは、文字通り「構造物の屋上部分を緑化する」ことを指します。建物が密集しており緑化スペースを十分に確保できない都心部で特に注目を集めています。ビルやデパートなどの屋上部分を緑化し、人々の憩いの場としてスペースを有効活用するケースも増えてきています。

屋上緑化のメリット。

まず第一に、植物の蒸散作用により周囲の温度が下げられる、といった利点があります。これは地球温暖化対策、そして特に都心部で問題視されているヒートアイランド現象対策としてとても有効な手法の一つです。また、緑化するには屋上に土を敷き植物を植えるわけですが、この土が断熱材として有効に働いてくれます。その結果、構造物内におけるエアコン効率の上昇、節電へとつながります。さらに、植物の緑色は人々にひと時の安らぎを与えてくれます。構造物で埋め尽くされた都心部の中で、憩いの場として「緑のオアシス」はとても重要な役割を担ってくれます。

屋上緑化で注意する点。

メリットの多い屋上緑化ですが、注意すべき点もいくつかあります。まず一つが、構造物の強度についてです。本来、屋上には「重量負荷がそれほどかからない」という想定で建築されています。そこに土、植物、そして水の重量が加われば、構造物にかなりの負荷がかかることになります。安全面を考えて、施工するうえで構造の専門家にしっかりと診断してもらいましょう。また、屋上には風を遮るものが無いので、背の高い植物は避けて、芝など風の影響を受けにくい植物を中心に選ぶことも大事です。

人が安らぐには草木の緑が必要です。地価が高く庭を作る敷地が少ない都会でも家やビルの屋上緑化をすることで人々が癒されます。